コンファレンス一覧と内容詳細
全セッション聴講無料!
★コンファレンス申込方法★
下記より各セッションの詳細とセッション番号をご確認のうえ、お客様の登録状況に合わせて、「来場事前登録がお済みでない場合のお申込みはこちらから」ボタン、もしくは「来場事前登録がお済みの場合のお申込み、または追加でのお申込みはこちらから」ボタンを押して、登録フォームへお進みください。後者の場合は、必ず来場事前登録をされました際に発送したメールに記載されている「お客様ID」と、お客様が設定されましたパスワードを入力してください。

<ご注意事項>
★個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご確認ください。

★コンファレンスの受講はすべて無料です。事前登録を行っていただくことにより、優先的に入場することが可能になります。先着順でご案内しますので満席の場合は立ち見になります。

★来場事前登録がお済でない場合、コンファレンスを登録されますと来場事前登録が自動的に行われ、「来場事前登録証」がメールで届きますので、展示会場へ御入場いただく際に御利用ください(別途、来場事前登録を行う必要はございません)。すでに来場事前登録を済ませた方がコンファレンスを登録される場合は、来場事前登録を行った際にお送りしたメールに記載されておりますIDと御自身で登録されたパスワードを必ず入力してください。(IDとパスワードを使用されないとエラーになります。住所などの入力が省略できます)

満席表示及びWeb受付終了表示のあるセッションをお聞きになりたい方は、各セミナー会場まで直接お越しになり、当日登録を行ってください。ただし、事前登録をされた方の後の入場となりますので、空席があればお座りいただけますが、満席の場合は立ってのご聴講となります。展示会場内のセミナーにつきましては、すべてオープンスペースでの開催になっておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

★講演タイトルや講師は都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。
【開催日別コース一覧】
コース番号 コース名 会場 セッション番号
5月29日(水) 開催コース
X1 基調講演<1> 5G到来!ワイヤレスによるデジタル革新へ 会議棟1F レセプションホールB X1-1,X1-2,X1-3,X1-4,X1-5,X1-6,X1-7
T1 IoTセッション<1> 展示会場内 第6会場 第7会場 T1-1,T1-2,T1-3,T1-4,T1-5,T1-6,T1-7
L1 LPWAセッション<1> 展示会場内 第6会場 第7会場 L1-1,L1-2,L1-3
S1 Sigfoxセッション<1> 展示会場内 第6会場 S1-1,S1-2
K1 近距離無線セッション<1> 展示会場内 第6会場 第7会場 K1-1,K1-2,K1-3
5月30日(木) 開催コース
X2 基調講演<2> ワイヤレスが2020年代の新たなビジネスを創る! 会議棟1F レセプションホールB X2-1,X2-2,X2-3,X2-4,X2-5,X2-6,X2-7
T2 IoTセッション<2> 展示会場内 第6会場 第7会場 T2-1,T2-2,T2-3,T2-4,T2-5,T2-6,T2-7,T2-8
L2 LPWAセッション<2> 展示会場内 第6会場 L2-1
S2 Sigfoxセッション<2> 展示会場内 第6会場 S2-1,S2-2
K2 近距離無線セッション<2> 展示会場内 第6会場 第7会場 K2-1,K2-2
A Androidセッション 展示会場内 第6会場 A-1
5月31日(金) 開催コース
T3 IoTセッション<3> 展示会場内 第6会場 第7会場 T3-1,T3-2,T3-3,T3-4,T3-5,T3-6,T3-7
L3 LPWAセッション<3> 展示会場内 第6会場 第7会場 L3-1,L3-2,L3-3
S3 Sigfoxセッション<3> 展示会場内 第6会場 S3-1,S3-2,S3-3
K3 近距離無線セッション<3> 展示会場内 第7会場 K3-1
B 携帯電話販売代理店向けセッション 展示会場内 第7会場 B-1
▼ 5月29日(水)開催コース詳細 ▼
X1
基調講演<1> 5G到来!ワイヤレスによるデジタル革新へ
2019年05月29日(水)
会場:会議棟1F レセプションホールB
定員:400 名
X1-1

満席

11:00 ~ 11:30
5G時代に向けた電波政策最新動向
本講演では、我が国が実現を目指す「Society5.0」の基幹インフラとして期待されている5Gについて、総務省の政策の最新動向を紹介するとともに、2030年代を見据えた革新的なシステムイメージや社会的・経済的効果、実現に向けた政策課題についても触れていきます。
総務省
総合通信基盤局 電波部長
田原 康生
昭和63年郵政省採用、電気通信技術システム課長、移動通信課長、技術政策課長、電波政策課長、九州総合通信局長等を経て平成30年 7月より現職。
X1-2

満席

11:40 ~ 12:20
5Gで拓かれる新たな社会
5Gの実現により、私たちが抱える社会課題の解決や、身の回りの生活が大きく変わることが期待されます。本講演では、KDDIが目指す姿、これまで取り組んできた日本各地における実証実験、5Gを支える技術の研究開発事例をご紹介します。
KDDI株式会社
技術統括本部 モバイル技術本部 副本部長
小西 聡
大学院博士前期課程修了後、国際電信電話(株)(現、KDDI(株))に入社。同社研究所にて、衛星・固定・移動の無線通信システムにおける無線リソース割当や無線通信方式に関する研究開発に従事。この間、ITU-R WP5Dや3GPP、3GPP2や電子情報通信学会にて要職を歴任。2014年にKDDI(株)モバイルアクセス技術部部長としてLTE基地局の開発を担当し、2017年に同次世代ネットワーク開発部長として5Gの計画や開発、実証実験を担当。2017年電波功績賞総務大臣賞受賞など受賞も多数。2019年4月より現職。
X1-3

満席

13:00 ~ 13:40
5Gが実現する協創イノベーション
5G時代の幕開けにむけたパートナー企業とのドコモの協創。5Gを軸とした協創が生み出す『お客様への新たな価値の提供』、『社会問題課題の解決』を実現するドコモの取り組みについて紹介する。
株式会社NTTドコモ
無線アクセス開発部 部長
安部田 貞行
1997年 NTT移動通信網(現NTTドコモ)入社
2000年 Princeton大学 客員研究員
2003年 NTTドコモ無線アクセス開発部、担当課長
2009年 同、担当部長
2018年 同、無線アクセス開発部長(現在に至る)
X1-4

満席

13:50 ~ 14:30

同時通訳
5Gを支えるインテルテクノロジー
インテルは、5Gを実現するために必要な柔軟でオープンかつ安全なネットワークへのトランスフォーメーションを推進するリーダーです。本セッションでは、5Gを支えるインテルテクノロジーをユースケースの取組みと合わせて紹介します。

【ゲスト登壇】株式会社NTTドコモ R&Dイノベーション本部 ネットワーク開発部 部長  音 洋行
インテル株式会社
Vice President, Data Center Group Chief Technology Officer, Network Platforms Group
Rajesh Gadiyar
インテル社のネットワーク・プラットフォームズ・グループ(NPG)CTOで、アーキテクチャー&システムエンジニアリング組織を率いており、ネットワーク機能仮想化(NFV)を加速するための取り組みをリードしています。
X1-5

満席

14:40 ~ 15:20
5Gにおける富士通の取組みと今後の展望について
富士通では、先端技術を活用した共創を通じて、ビジネスや社会にとっての大きな価値を生み出すことに取り組んでいます。本セッションでは、富士通の5Gに向けた取組みと今後の展望について紹介します。
富士通株式会社
理事/テクノロジーソリューション部門 サービスプラットフォームビジネスグループ ネットワークプロダクト事業本部長
妹尾 雅之
1983年 4月 富士通株式会社入社
2013年 5月 ネットワークインテグレーション事業本部長
2015年 4月 執行役員/サービスプラットフォーム部門 ネットワークビジネスグループ ネットワークプロダクト事業本部長
2019年 1月 理事/テクノロジーソリューション部門 サービスプラットフォームビジネスグループ ネットワークプロダクト事業本部長
X1-6

満席

15:30 ~ 16:10
5G時代におけるNECの社会価値創造への取組み
NECは、5Gと自らが保有するAIやIoTなどのデジタル技術を組み合わせた高度なICTを活用し、様々な産業・企業の情報をつなぐことで、新たなビジネスモデルやサービスの共創に取り組んでおり、本講演では、NECの5G時代を見据えた次世代ネットワークへの取り組みについて紹介する。
NEC
シニアエグゼクティブ
渡辺 望
1988年NEC入社。 入社後は主に携帯電話の基地局開発に従事した後、 1998年~2003年、英国テレコム・モダス社へ出向。 Division Managerとして無線基地局開発に関する海外開発拠点の立ち上げに従事。 2011年に基地局ビジネスを統括するモバイルRAN事業部長、 2017年に無線ネットワークの開発を統括するワイヤレスネットワーク開発本部長、 2018年、執行役員、2019年にシニアエグゼクティブに就任し、ワイヤレス事業全般および5G戦略、将来ネットワークの技術開発を統括する。
X1-7

満席

16:20 ~ 17:00
5Gと目指す世界
5Gの技術的な側面と、各産業へのインパクト、そしてビジネスモデルの変革にフォーカスしながら、今後ソフトバンクが目指す5Gの世界を示す。
ソフトバンク株式会社
技術戦略統括 先端技術開発本部 本部長
湧川 隆次
2013年よりソフトバンクモバイルに入社し、北米のSprintなど日米で活動。2016年11月より現職。前職の慶應義塾大学環境情報学部やトヨタIT開発センターから、モバイル向けの通信プロトコルの研究開発や自動車のネットワークの研究開発に携わる。著書に「ITの正体」や「MobileIP教科書」など。
T1
IoTセッション<1>
2019年05月29日(水)
会場:展示会場内 第6会場 第7会場
定員:80 名
展示会場内 第6会場
T1-1

満席

14:00 ~ 14:20
低価格のAIカメラとセンサーで出来るIoTソリューションとは?
~monoコネクトの活用事例のご紹介~
300社超の導入実績を誇るBLE・LoRaWANを活用したIoTサービス「monoコネクト」「トイレsearching」に、「低価格・AIカメラ」がラインナップに加わります。本講演では、新製品「AIカメラ」を中心にIoTの活用事例をご紹介。
レンジャーシステムズ株式会社
IoT事業部
木村 秀一
T1-2

満席

14:30 ~ 14:50
「車両周囲360°モニタリング フライングビュー」
 ~5G時代のモビリティAIエッジを目指し~
フライングビューは、移動体に取付けた4台のカメラ映像をリアルタイムに合成し、シームレスで死角の無い、周囲360度の自由視点の俯瞰映像モニタリングを高画質・低消費電力で実現する映像合成技術です。5G時代に向けた様々な共創ユースケースを紹介します。
沖電気工業株式会社
統合営業本部IoTビジネス開発室  シニアスペシャリスト
駒井 英敬
展示会場内 第7会場
T1-3
13:00 ~ 13:20
充電器技術革新のロードマップ
近年、世界のモバイル端末充電技術の向上はめざましく、高出力化、高効率化、コンパクト化が急速に進歩しています。本講演では最新の充電技術の紹介のみならず、それに伴う環境負荷の低減への対応から今後のロードマップまでを含め講演します。
株式会社Salom Japan
代表取締役社長
黒木 則雄
T1-4

満席

13:30 ~ 13:50
ウェアラブル通信システムを支えるWebRTC技術の紹介
当社では現場作業を支援するウェアラブル通信システムRazVisionWRを提供しています。このシステムでは最新通信方式WebRTCを採用し、低コストで使いやすい通信環境を実現しました。このWebRTCの特長や欠点、苦労話を披露します。
※T3-5と同じ内容です。
インフィニテグラ株式会社
開発部
長野 清人
T1-5
14:00 ~ 14:20
地域活性化に向けたスマート農家の新たな取り組み
東日本電信電話株式会社
経営企画部 営業戦略推進室 担当部長
酒井 大雅
T1-6

満席

15:00 ~ 15:20
IoT・AI・ロボットの最新動向から見える私たちの未来の仕事
~自働化・省人化に備えて今やっておくべきこと~
NTTコミュニケーションズ株式会社
技術開発部 担当部長
境野 哲
T1-7
16:00 ~ 16:20
IoTデバイスの保護を容易に実現、Defender for IoTのご紹介
本セッションではエクストリーム ネットワークスの新しいIoTセキュリティソリューション、Defender for IoT を紹介します。このソリューションを使うことにより、IoTデバイスの保護、監視、追跡が容易になります。Defender for IoTはネットワークインフラストラクチャーに依存しない自己完結型セキュリティソリューションです。
※T2-3、T3-7と同じ内容です。
エクストリーム ネットワークス株式会社
システムエンジニアリング本部 エンタープライズソリューション部 システムエンジニア
韓 斌
L1
LPWAセッション<1>
2019年05月29日(水)
会場:展示会場内 第6会場 第7会場
定員:80 名
展示会場内 第6会場
L1-1

満席

15:00 ~ 15:20
ELTRES™ IoTネットワークサービスの国内展開について
ELTRES™ IoTネットワークサービスはソニーオリジナルの無線通信規格ELTRES™を用いた、LPWAサービスです。「長距離安定通信」「高速移動体通信」「低消費電力」の特長を活かし、様々なセンサーで取得した情報を広範囲に効率よく収集することで、様々なユースケースにご利用いただけます。本講演ではELTRES™ IoTネットワークサービスの国内展開について IoTネットワークサービスの概要と国内展開の今後の取り組みについてご紹介いたします。
※L3-2と同じ内容です。
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
IoT事業部門 事業推進1部
宍戸 勇紀
展示会場内 第7会場
L1-2

満席

14:30 ~ 14:50
IoT技術を活用した新サービス展開の可能性
今後さらなる拡大が見込まれるIoT化社会の実現に向けて、アズビル金門は配送合理化などのアプリケーションやデータの活用方法をご紹介します。そして、全てのメーターがつながることで広がる付加価値を通して、お客さまに寄り添ったサービス展開をいたします。
アズビル金門株式会社
営業本部 IoT事業推進部
林 智一
L1-3

満席

16:30 ~ 16:50
ZETAアライアンスが目指す次世代のLPWAN2.0技術
2018年8月31日にZETAアライアンスを日本で設立してから日本で2019年4月17日現在55組織が参画しました。そして、2019年4月19日に中国ZETAアライアンスも設立され、すでに57組織が参加され、わずか8ヵ月で112会員となり、急速に拡大を見せています。本講演では、初めて日本と中国の舞台に生まれてIoTビジネスプラットフォームが急拡大する理由は何か、そして、なぜ後発のZETA LPWAN技術に魅かれてメンバー各社が参画したのか、ZETAアライアンスが目指す目標、そして従来のLPWAN1.0から進化したAI+IoT、Soft IoTといったZETA LPWAN2.0の技術などについてご紹介します。
株式会社テクサー/日本ZETAアライアンス
代表取締役CEO/代表理事
朱 強
S1
Sigfoxセッション<1>
2019年05月29日(水)
会場:展示会場内 第6会場
定員:80 名
S1-1
13:00 ~ 13:20
Sigfoxを使ったAzure Sphere IoTソリューション
Sigfox通信とAzureクラウドを組み合わせたIoTソリューションと、デジタルツインがもたらす近未来について。Sigfox CallbackによるIoT Hubとの連携およびIoT Centralによる可視化の実態に触れる。
アイ・サイナップ株式会社
IoT推進本部 本部長
緒方 秀俊
S1-2

満席

16:00 ~ 16:20
センサーメーカーが提案する遠隔監視ソリューションのご紹介
オプテックスはセンサーメーカーとして、すべてのセンサーがネットワークに繋がる時代への対応にいち早く取り掛かりました。しかし、自社機器を無線化するとなると様々なハードルが…では、どのようにソリューションを実現したのか?事例と共にご紹介します。
オプテックス株式会社
戦略本部 開発センター 事業企画部 事業開発リーダー
山本 伸輔
K1
近距離無線セッション<1>
2019年05月29日(水)
会場:展示会場内 第6会場 第7会場
定員:80 名
展示会場内 第6会場
K1-1
13:30 ~ 13:50
Get Connect - 電波の見える化で失敗しないWi-Fi環境構築
一般のオフィスに限らず、公共施設や産業用施設など様々な分野でWi-Fiの利用ニーズが高まる中で、環境に合わせて最適なWi-Fiネットワークを構築するにはどうしたらよいか? サイトサーベイで電波を可視化、電波干渉を考慮して、「つながる」環境を実現。
Ekahau
(稲岡氏)チャネル・アンド・アライアンス・マネージャー/(Grant氏)ECSE, Technical Sales Engineer
稲岡 茂 氏/Grant Shelley
K1-2

満席

15:30 ~ 15:50
5G ミリ波ソリューション
60GHz帯WiGigで利用できるMillitronic社製USBドングルMG360とネットギア社製R9000ルーターとの接続デモを通し、高速伝送の例を示します。
株式会社ネットウエル
無線通信営業部 部長代理
渡部 昌弘
展示会場内 第7会場
K1-3
15:30 ~ 15:50
Digi ワイヤレス製品ロードマップとM2M/IoT最新事例
ZigBeeやWi-Fi、セルラーLPWA技術を搭載した最新通信モジュールのXBeeラインナップおよび、エナジーマネジメント、公共インフラ、医療/ヘルスケア、インダストリアル、小売/リテール、輸送/運輸などでのIoT・M2M実現事例をソリューションを交えて紹介します。
ディジインターナショナル株式会社
リージョナルダイレクタ
江川 将峰
ページ先頭へ
▼ 5月30日(木)開催コース詳細 ▼
X2
基調講演<2> ワイヤレスが2020年代の新たなビジネスを創る!
2019年05月30日(木)
会場:会議棟1F レセプションホールB
定員:400 名
X2-1

満席

10:00 ~ 10:40
自動車業界が描く将来のモビリティビジョン
2030年のモビリティ社会を展望し、ITS・自動運転、電動化、コネクティッドといった技術の進展とともに、クルマの進化に加えてサービスを含めたソリューションで将来のモビリティを提供していく日本の自動車メーカーの中長期モビリティビジョンを紹介。
日産自動車株式会社
渉外部 シニアエンジニア
三崎 匡美
1982年 4月  日産自動車入社 研究開発部門配属
1985~1987年 東京日産モーター調布営業所 新車販売
1990~1994年 日産テクニカルセンター・ヨーロッパ(ブラッセル) 出向
1995~2006年 日産自動車 海外車両設計部
2006~2010年 ルノー日産 アライアンス・オフィス
2011~2016年 日産(中国)投資有限公司 出向
2016年5月~  日産自動車 渉外部(兼務:充電インフラ推進部)社外委員等(現在)

一般社団法人 日本自動車工業会 中長期モビリティビジョン検討会 主査(活動終了)
        同上     2020年対応検討会 委員
        同上     交通委員会 ITS企画部会 副部会長
        同上     自動運転社会像検討WG 主査
        同上     国際委員会 中国部会 委員

合同会社日本充電サービス サポートメンバー
日本水素ステーションネットワーク合同会社 全体会 委員
一般社団法人水素供給利用技術協会 FCV新規需要創出活動事業連絡会 委員
X2-2

満席

10:50 ~ 11:30
ユースケースで探る5Gを活用した高度IoT社会の“リアル”
5Gは、これから始まるIoTを基盤としたデジタル社会への実現プロセスにおいて、 その真価を発揮していくことになります。 OKIは、5GとIoTの連携をデジタルトランスフォーメーションの基盤技術と位置付け、具体的な適用方法の検討に着手しています。 本講演ではOKIが描いている交通、建設/インフラ・防災、製造、金融・流通、 海洋・音響といった分野でのユースケースを紹介しながら、高度IoT社会のリアルイメー ジに迫ってみたいと思います。
沖電気工業株式会社
経営基盤本部イノベーション推進部 部門長
藤原 雄彦
1987年沖電気工業株式会社に入社。NTT等の通信キャリア向け次世代交換機の開発に従事。キャリア向けモバイルIPルーターをはじめとするプロダクト責任者、IoT、AIを活用した新規事業創出の責任者を歴任。現在イノベーション推進部長として社会課題の解決に取り組む。
X2-3
11:40 ~ 12:20
Flexible Factory Project
~製造現場における安定した無線通信を目指して~
IoT化に伴い様々な無線システムの工場への導入が加速される中、製造現場での無線通信の利用が進んでいます。Flexible Factory Project(FFPJ)では、工場内で 多種多様な無線システムが共存しながら安定した無線通信が実現できるようにするため、世界に先駆けて業界の垣根を越えた取組みを行っています。本セミナーでは、FFPJの最新成果と、製造現場における無線通信の今後の課題や展望についてお話しします。
※本講演は「X2-4・オムロン」の講演と連動しているため、休憩なしで次の講演が始まります。両講演を続けて聴講されることをお勧めいたします。
国立研究開発法人情報通信研究機構
ワイヤレスネットワーク総合研究センター ワイヤレスシステム研究室 主任研究員
板谷 聡子
X2-4

満席

12:20 ~ 13:00
IoTの活用に向けたオムロンの取り組み
※本講演は「X2-3・情報通信研究機構」の講演と連動しているため、前講演から休憩なしで講演が始まります。両講演を続けて聴講されることをお勧めいたします。
オムロン株式会社
イノベーション推進本部 オープンイノベーション推進室 主査
山田 亮太
2002年 オムロン株式会社入社。現在、イノベーション推進本部オープンイノベーション推進室所属。2003年より2006年まで米国スタンフォード大学Media-X客員研究員。2012年よりWi-SUN Alliance Board of Director Alternate Member。2014年よりWi-SUN Alliance RLMM WG Chair。2015年より国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)協力研究員。
X2-5
14:00 ~ 14:40
IoT ネットワーク 「Sigfox」 ~Welcome to the 0G revolution!~
IoTの活用が社会に浸透する中、世界60カ国で導入され、国内ではサービス開始より3年目に突入したIoTネットワークサービス「Sigfox」。Sigfoxが提唱している0Gのコンセプトとともに、サービス概要や特長、国内外の最新事例、今後の展望を交えてお伝えします。幅広い分野での実用化が加速しているSigfoxを体感してください。
京セラコミュニケーションシステム株式会社
取締役 LPWAソリューション事業部 事業部長
松木 憲一
1983年 京セラに入社。京セラ国分工場(鹿児島県)情報システムセンター勤務。
1997年 京セラ米国法人へ出向。
2003年 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)に転籍、その後帰任。商品開発事業部、ITプラットフォーム事業本部、ICT事業統括本部を経て、2017年4月LPWAソリューション事業部 事業部長に就任。
2018年4月 取締役に就任。
X2-6

満席

14:50 ~ 15:30
NTT東日本のIoTへの取り組み
~自治体や地域企業の活用事例を中心に~
地域における人手不足は深刻さを増しており、地域産業の振興や自治体業務の効率化は喫緊の課題となっている。地域と歩むICTパートナーを目指すNTT東日本における、課題解決に向けた地域企業や自治体とのIoTに関する取組みを、具体的な事例中心に紹介する。
東日本電信電話株式会社
ビジネス開発本部 第三部門 IoTサービス推進担当 担当部長
保科 和彦
1996年日本電信電話株式会社入社(1999年東日本電信電話株式会社へ転籍)。入社以来、コンシューマからビジネス、自治体と営業畑を歩み、ICTを活用したお客様の課題解決に取り組む。2018年7月より現職。IoTを活用した地域の課題解決、産業振興を推進。
X2-7
15:40 ~ 16:20
ELTRES™ IoTネットワークサービスの国内展開について
ELTRES™ IoTネットワークサービスはソニーオリジナルの無線通信規格ELTRES™を用いた、LPWAサービスです。「長距離安定通信」「高速移動体通信」「低消費電力」の特長を活かし、様々なセンサーで取得した情報を広範囲に効率よく収集することで、様々なユースケースにご利用いただけます。本講演ではELTRES™ IoTネットワークサービスの国内展開について IoTネットワークサービスの概要と国内展開の今後の取り組みについてご紹介いたします。
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
IoT事業部門 事業推進1部 ELTRES? IoTネットワーク プロジェクトマネージャー
永井 直紀
T2
IoTセッション<2>
2019年05月30日(木)
会場:展示会場内 第6会場 第7会場
定員:80 名
展示会場内 第6会場
T2-1

満席

14:00 ~ 14:40
ワイヤレスIoTを支えるIIJのモバイル
IIJは、昨年3月にフルMVNOを開始し、1年以上の運用実績を持つようになりました。フルMVNOならではのIoTに最適なモバイル通信の特長を、この1年で培った事例やノウハウを混ぜつつご紹介するとともに、eSIM・5Gといったトレンドに対しての次の取り組みを紹介します。
株式会社インターネットイニシアティブ
MVNO事業部 ビジネス開発部 ビジネス開発課
小路 麗生
T2-2

満席

15:00 ~ 15:20
身近に潜む無線ネットワークのセキュリティ脅威事例と最新動向
本セミナーでは、実際に企業の現場でIT管理者が直面した無線通信の脅威事例や、無線脅威の最新動向をご紹介し、企業が見落としがちな無線通信の脆弱ポイントを解説します。さらに、現代の企業に求められる無線セキュリティ管理の在り方を示します。
レンジャーシステムズ株式会社
IoT事業部
藤田 雄大
展示会場内 第7会場
T2-3
13:30 ~ 13:50
IoTデバイスの保護を容易に実現、Defender for IoTのご紹介
本セッションではエクストリーム ネットワークスの新しいIoTセキュリティソリューション、Defender for IoT を紹介します。このソリューションを使うことにより、IoTデバイスの保護、監視、追跡が容易になります。Defender for IoTはネットワークインフラストラクチャーに依存しない自己完結型セキュリティソリューションです。
※T1-7、T3-7と同じ内容です。
エクストリーム ネットワークス株式会社
システムエンジニアリング本部 エンタープライズソリューション部 システムエンジニア
韓 斌
T2-4
14:00 ~ 14:20
無線アクセスシステム回線を用いた公衆無線LANサービスの構築 
山間部や離島間など、有線が引けないような場所では無線LANサービスを構築することが困難でした。本編では、簡単・低コストでサービスの実現が可能な4.9GHz帯無線アクセスシステムの運用事例や屋外用無線LANアクセスポイントのシステム設計例について解説します。
ハイテクインター株式会社
無線通信機器事業部 部長/営業部 部長
松井 仁志 氏/森池 信也
T2-5

満席

14:30 ~ 14:50
AI早わかり 
本講演では、AIの本質と活用ノウハウのエッセンスを難解な数式やプログラム言語を使わずに、図と面白いビジネス課題解決の事例でシンプルかつ分かりやすく解説します。
モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
MCPC AIエバンジェリスト
竹井 俊文
T2-6
15:00 ~ 15:20
TAIYOYUDEN IoT Total Solutionのご紹介
Bluetooth low energy、無線LAN、Sub Giga といった無線モジュールを利用し、小型・簡単・安定をコンセプトとするIoTエンジン、RS485通信ユニットを含めたIoTソリューションをご提案。
太陽誘電株式会社
新事業推進部 係長
小網 宏樹
T2-7

満席

15:30 ~ 15:50
10年耐えるIoT
~デバイスパートナーと創るIoTエコシステム(Things Partnerプログラム)~
NTTコミュニケーションズ株式会社
経営企画部/IoT推進室 主査
有沢 大輔
T2-8

満席

16:00 ~ 16:20
製造業における真のIoT化 成功までのステップ
製造業でも盛んに取り組みが始まっているIoT化。本講演では、真のゴールとそれに至るステップを、多くのスマートファクトリープロジェクトを成功に導いた経験を基に実例を交えながら解説。
株式会社FAプロダクツ
Smart Factory事業部 事業部長
谷口 真一
L2
LPWAセッション<2>
2019年05月30日(木)
会場:展示会場内 第6会場
定員:80 名
L2-1

満席

15:30 ~ 15:50
IoT普及のカギを握る無線通信技術とその応用事例
~次世代LPWAネットワーク “ZETA”の紹介~
LPWA規格のひとつであるZETAは、マルチホップ形式の通信を行うことで、他のLPWAと比べ、基地局の設置を少なくでき、低コストでの運用が可能な方式として注目されている。凸版印刷では、ZETA通信モジュールの量産を開始、ZETA対応のデバイス及びZETAの活用事例を紹介する。
凸版印刷株式会社
エレクトロニクス事業本部 事業戦略本部 第一企画部 1チーム 課長
諸井 眞太郎
S2
Sigfoxセッション<2>
2019年05月30日(木)
会場:展示会場内 第6会場
定員:80 名
S2-1
13:00 ~ 13:20
Sigfox通信に最適化されたGlobal向けModule Lineupのご紹介
Sigfox Solutionのメリットである Low Power Consumption、Long Range、Low complexitiyを最大限に活用したIoTのGlobal展開と、そこに向けて最適化されたModule Lineupをご紹介します。
ソンジ インダストリアルジャパン株式会社(旧ワイソル)
代表取締役
笠井 良修
S2-2

満席

16:00 ~ 16:20
「IoT×地図サービス」SmartMap
地図を活用した独自のIoTサービスの構築を高機能・スピーディ・低価格で実現する「SmartMap」。ユースケースを例に、これまでの実績や特長をご紹介します。
IoTBASE株式会社
代表取締役
澤和 寛昌
K2
近距離無線セッション<2>
2019年05月30日(木)
会場:展示会場内 第6会場 第7会場
定員:80 名
展示会場内 第6会場
K2-1

満席

13:30 ~ 13:50
Wi-Fi6、その先を見越したWi-Fiアライアンスの検討状況
今年、802.11axという技術が「Wi-Fi6」として広まろうとしています。そのWi-Fi6や、その先を見こしたWi−Fiアライアンスでの検討では、利用シーンをますます豊かにしようとしています。例えば、公共施設やスタジアムなどの狭い空間がすごく込み合うという状態から、広域工場プラントや農場などでの広々した広域空間で通信もまばらなシーンがあるわけですが、それらでの一元的なアプリケーション活動や人のつながり支援を可能にしようとしているわけです。また市場では、スマデバを超え、車やさまざまな機器との接続によるサービス拡充が進展する一方で、人と人とのつながりではSlackのようなコミュニケーションHUBやMicrosoftTeamsのようなアプリケーションHUBまで登場し、マルチデバイスやIoT機器を活用したサービスが立ち上がりつつあります。本講演では、これらの新たな利用シーンに対して積極的に貢献しようとしているWi−Fiアライアンスでの検討模様を掘り下げていきたいと思います。
Wi-Fiアライアンス
説明代行/山形大学 客員教授/NEC・NECネッツエスアイ
小林 佳和
展示会場内 第7会場
K2-2
13:00 ~ 13:20
エコシステムとインターオペラビリティでホームIoT市場を牽引するZ-Wave
家庭用スマートデバイスが身近になり、利用者がより多くのIoTデバイスを容易に追加するためにインターオペラビリティは重要な要素になります。Z-waveはZ-waveアライアンスメンバーとともにスマートホーム市場をリードし、快適性、利便性、省エネルギー、安心・安全を向上させる最先端の製品とエコシステムを提供しています。Wireless Japan 2019ではZ-wave 無線技術の概要と、日本・海外でのZ-waveの採用事例等 Z-waveの最新状況をご紹介いたします。
シリコン・ラボ
セールスマネージャー
大津 行洋
A
Androidセッション
2019年05月30日(木)
会場:展示会場内 第6会場
定員:80 名
A-1
11:00 ~ 12:20
Androidセッション
Google I/O 2019報告
NPO法人日本 Androidの会 理事長 嶋 是一
Googleの開発者のためイベント「Google I/O」が今年も5/7~9に、米国サンノゼで開催された。Googleの新しいサービスや技術が発表されるこのイベント。こちらへ参加した中から、Androidの次期再販バージョン「Q」での5G対応の話を中心に、AIの活用などを報告します。

Webをもっと活用するためのPWAの基本
日本Androidの会 NPO理事 進藤 龍之介
速いネットワーク、遅いネットワーク、どんな環境でもWebが活用できる新しい Web のスタイル「 PWA(Progressive Web Apps)」について、どんな実装をすれば効果的な PWA が作れるのか解説します。

VRアプリで学ぶ物理学
日本Androidの会/東海大学 理学部情報数理学科/准教授 大西 健輔
本講演では、我々が取り組んでいるVRアプリを用いた物理教育について報告する。我々は、これまでに物理学実験をサポートするVRアプリ、放物運動を体感し、距離、角度などの関係の気づきを導くVRアプリを開発した。これらを授業にて活用した結果も解説する。
ページ先頭へ
▼ 5月31日(金)開催コース詳細 ▼
T3
IoTセッション<3>
2019年05月31日(金)
会場:展示会場内 第6会場 第7会場
定員:80 名
展示会場内 第6会場
T3-1

満席

11:00 ~ 11:40
EU域内の無線関連規格動向・無線機器指令(RED)のキー規格や評価について
開始から2年が経過したREDの現在の運用について、またソサエティー5.0を支える無線技術の規格や評価のポイント等をわかりやすく解説します。
テュフ ラインランド ジャパン株式会社
セントラルラボラトリー EMCラボラトリー / チームリーダー
張 品
T3-2

満席

14:00 ~ 14:20
自営型無線ネットワークによる製造・社会インフラ市場のIoT事例
免許不要でIoTに適した920MHz帯無線による自営型無線ネットワークの特長と製造業向け・社会インフラ向け市場のIoT導入事例をご紹介します。
沖電気工業株式会社
情報通信事業本部 IoTプラットフォーム事業部 スマートコミュニケーションシステム部
橋爪 洋
展示会場内 第7会場
T3-3

満席

13:30 ~ 13:50
IoT/AIソフトウェア開発加速のためのヒント
モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
MCPC 最高技術顧問 博士(情報学)
岡崎 正一
T3-4
14:00 ~ 14:20
地域に根ざしたIoT導入事例のご紹介
東日本電信電話株式会社
ビジネス開発本部 第三部門 IoTサービス推進担当
熊田 圭吾
T3-5

満席

14:30 ~ 14:50
ウェアラブル通信システムを支えるWebRTC技術の紹介
当社では現場作業を支援するウェアラブル通信システムRazVisionWRを提供しています。このシステムでは最新通信方式WebRTCを採用し、低コストで使いやすい通信環境を実現しました。このWebRTCの特長や欠点、苦労話を披露します。
※T1-4と同じ内容です。
インフィニテグラ株式会社
開発部
長野 清人
T3-6

満席

15:00 ~ 15:20
eSIMサービス「IoT Connect Mobile」で実現するIoT
~組み込み・書き換えで変わるIoT~
NTTコミュニケーションズ株式会社
ネットワークサービス部 主査
井上 北斗
T3-7
15:30 ~ 15:50
IoTデバイスの保護を容易に実現、Defender for IoTのご紹介
本セッションではエクストリーム ネットワークスの新しいIoTセキュリティソリューション、Defender for IoT を紹介します。このソリューションを使うことにより、IoTデバイスの保護、監視、追跡が容易になります。Defender for IoTはネットワークインフラストラクチャーに依存しない自己完結型セキュリティソリューションです。
※T1-7、T2-3と同じ内容です。
エクストリーム ネットワークス株式会社
システムエンジニアリング本部 エンタープライズソリューション部 システムエンジニア
韓 斌
L3
LPWAセッション<3>
2019年05月31日(金)
会場:展示会場内 第6会場 第7会場
定員:80 名
展示会場内 第6会場
L3-1
13:30 ~ 13:50
《1ヶ月でPoC開始 3ヶ月でPoC完了 6ヶ月で運用開始》IoTの開発期間と運用開始を短縮化する手法の提言
IoT実運用の課題はハードウェア開発納期とシステム構築(デバッグ含む)の開発納期です。1年~2年の開発納期では、顧客の新規開発のモチベーションが維持出来ません。また、1~2年の開発では、次から次へと新通信規格や新ICの登場で現開発品の陳腐化に晒されてしまいます。IoT運用拡大に最も必要な事は、開発納期の短縮が使命であります。Braveridgeは開発及び導入の期間短縮の為の取組をして参りました。今回、その成果について発表します。弊社では、全システムの試験運用までに1週間以内という結果になっています。その最大の特徴である、既存のCloudプラットフォームとは全く異なる、世界初の《IFC(InterFaceCloudプラットフォーム)》についてお話させて頂きます。
株式会社Braveridge
技術担当取締役(CTO)
小橋 泰成
L3-2

満席

15:00 ~ 15:20
ELTRES™ IoTネットワークサービスの国内展開について
ELTRES™ IoTネットワークサービスはソニーオリジナルの無線通信規格ELTRES™を用いた、LPWAサービスです。「長距離安定通信」「高速移動体通信」「低消費電力」の特長を活かし、様々なセンサーで取得した情報を広範囲に効率よく収集することで、様々なユースケースにご利用いただけます。本講演ではELTRES™ IoTネットワークサービスの国内展開について IoTネットワークサービスの概要と国内展開の今後の取り組みについてご紹介いたします。
※L1-1と同じ内容です。
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
IoT事業部門 事業推進1部
宍戸 勇紀
展示会場内 第7会場
L3-3

満席

16:00 ~ 16:20
IoTに最適なWi-Fi規格「IEEE802.11ah」で広がる社会や地域の課題解決につながるユースケース
IEEE802.11ah(Wi-Fi HaLow™)は、920MHz帯の周波数を利用する通信手段のひとつで、特にIoTの通信システムとして様々な分野で活用が期待される、新しい種類のWi-Fi規格。「Wi-Fiの伝送距離が拡大」「端末・アクセスポイント・クラウドまでエンドエンドでユーザが自由にネットワーク構築可能」「フルオープン・IPベースのWi-Fiファミリー」「数Mbpsのスループットの可能性を有する」という特徴を持つ。本講演では、同規格の特徴を解説するとともに、想定されるユースケースを通じてIEEE802.11ahによる社会や課題の解決の可能性を紹介する。
802.11ah推進協議会
運営委員
酒井 大雅
S3
Sigfoxセッション<3>
2019年05月31日(金)
会場:展示会場内 第6会場
定員:80 名
S3-1
13:00 ~ 13:20
リピータ動作とOTAを実現。ラピスの『Sigfox通信+2』
万能な無線方式というものは存在しません。Sigfox通信も然り。得手もあれば不得手も。そんなSigfox通信の不得手を補完し、LPWAでのリピータ動作と端末ソフトの遠隔アップデートを可能とする『Sigfox通信+2』ソリューションをご紹介。
ラピスセミコンダクタ株式会社
LSI Solutions Company ローパワーLSIビジネスユニット 担当課長
天野 繁
S3-2
14:30 ~ 14:50
IoT Poc環境の導入ハードルを限りなく低く
「IoTの導入の可否の検討を命じられた」「業務に活用できるか評価したい」こういった課題をお持ちのユーザー様がPoC導入にすらたどり着けず挫折してしまうケースが散見されます。その原因と対策について、当社の経験則からお話いたします。
株式会社クリエイティブジャパン
事業戦略本部 イノベーション推進部 部長
赤川 理和
S3-3

満席

15:30 ~ 15:50
インフラや設備の異常検知を圧倒的に【安く、簡単に、省人化】
世界最大産業見本市であるハノーバーメッセで大きな反響をいただいた【異常検知サービス】。その特徴は、既存のセンサーを活用しながらも、遠隔でデータを確認、外部電源が不要、数年単位での稼働が可能などです。本講演では、同サービスを利用することで実現する、社会インフラや設備の異常検知に最適なIoTソリューションをご提案します。
CACH株式会社
代表取締役
鈴木 良昌
K3
近距離無線セッション<3>
2019年05月31日(金)
会場:展示会場内 第7会場
定員:80 名
K3-1
13:00 ~ 13:20
IoTでも必須の高いセキュリティ。簡単プログラミングで迅速な製品化手法について
IoT製品でも高いセキュリティが必須となっている。一方で、簡単にプログラミングする環境ではセキュリティに求められる機能が十分でない場合が多い。本講演では、その必要性を解説し、シリコン・ラボの新しいGecko OSを使い、WiFiやBluetooth、zigbee等の通信アプリケーションに、OTAサービス、通信暗号化サポートを簡単に加える開発手順を紹介する。
シリコン・ラボ
IoTエキスパート
水谷 章成
B
携帯電話販売代理店向けセッション
2019年05月31日(金)
会場:展示会場内 第7会場
定員:80 名
B-1

満席

10:30 ~ 12:50
“完全分離”で新局面を迎えたスマホ流通市場のこれから
本年秋、ケータイ業界は端末と回線の完全分離という新局面を迎える。ユーザーが端末と回線(キャリア)をそれぞれ選択し、自由に組み合わせて使うという世界の到来は、スマホ流通市場にどのような変化をもたらすのだろうか、販売代理店はその変化にどのように対応していけばよいのかについて、多様な視点から論じます。

10:30~11:00
携帯電話市場に関する取組について
総務省 電気通信事業部 料金サービス課 大村 真一
通信料金と端末代金の完全分離や行き過ぎた囲い込みの禁止などを内容とする電気通信事業法改正案を中心に、携帯電話市場に関する総務省の取組について紹介します。

11:00~11:40
完全分離で期待される中古・再生スマホ流通市場
モバイル研究家/青森公立大学経営経済学部准教授 木暮 祐一
分離プラン義務化により、中古スマートフォン市場の活性化が期待されている。そうした中古スマホ流通をめぐる動きや、海外市場における中古・再生スマホの実情、さらに今後国内で中古・再生スマホがどう流通していくかなどを展望する。

11:40~12:10
組織活性化で業績を上げる!!
株式会社ミックスアップ 取締役 水越 俊一
『SAITO式ドコモショップ運営術』の中で、ドコモショップ富士吉田店の店長を3年半務めていました。そのノウハウを生かし、現在ドコモショップ組織活性コンサルティングを行っています。その取り組みを紹介します。

12:10~12:50
とりまとめ及び質疑応答
野村総合研究所 パートナー 北 俊一
ページ先頭へ